So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

携帯ゲーム機器視力低下への入り口 [視力回復トレーニング]

こどもが視力低下になるとなにかと心配です。



つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる 携帯ゲーム機器は最悪です。



小児の視力低下が増えています。早急な対策が必要です。年下のこどもが眼を悪くする可能性が高くなります。

ところが 一番上が視力に何の問題もない場合、つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもが眼を悪くしてしまうというわけです。 まずメンタルな不安、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で特徴的なのは、兄弟や姉妹では一番上が近視になると、二番目の子には気をつけますから視力はわりと安全です。仮性近視になる原因とは、近くを見続ける、これが主な原因になっています。

田中謹也がアイトレを開発した理由

だから親がこどもの視力低下について危険性を認知したならば、こどもの仮性近視を防ぐ確率が高くなるというわけです。


Copyright © 視力回復トレーニング All Rights Reserved.