So-net無料ブログ作成

視力低下専用PSV [視力回復トレーニング]


視力回復~子供02.jpg


児童の視力の衰えが増えています。早急な対策が必要です。子供の眼が悪くなると何かと気苦労が多くなります。はじめは心理的不安、これに親は困ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で面白いのは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、二番目以降の視力は割と安全です。しかしながら最年長の子供が視力に異常なしの場合、年少の兄弟姉妹が、近視になる危険性が高くなります。

要するに親がこどもの視力低下について無知だと、子供の視力が悪くなりやすい傾向があるというわけです。

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

視力低下を招く原因は、近くのものを長時間見続ける、これが一番の原因であることは明らかです。

つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける PSVは最悪です。

子供でもひとりでできるアイトレーニング子供の視力改善トレーニング


Copyright © 視力回復トレーニング All Rights Reserved.